頭皮シャンプーランキングHOME » 毎日の頭皮ケア入門 » 頭皮シャンプーの選び方

頭皮シャンプーの選び方

このページでは、頭皮シャンプー選びで注目したいポイントについて解説します。

まずは成分表をチェック

抜け毛頭皮に何らかのトラブルを抱えている方や将来の薄毛が心配という方は、シャンプーを選ぶ際、まず成分表をよく読むことからはじめてください。店頭で購入する場合ならパッケージや添付の説明書を、通信販売の場合ならホームページやパンフレットといった具合です。ここで必ずチェックしたいのが、「主成分」の項目になります。

そして、頭皮トラブルをお持ちの方や薄毛が心配という方は、必ず天然成分が主成分となっているものを選んでください。「アミノ酸系成分」のものなら、よりよいと言えます。逆に、「石油化合物」や「合成界面活性剤」などの表記があるものは、避けるべきです。

シャンプーの分類は3種類

現在市販されているシャンプーは大別すると、石油系、石鹸系、アミノ酸系(天然素材系)の3種類があります。 そして、これらのなかで頭皮環境の正常化に最も適しているのは、アミノ酸系シャンプーです。逆に、すでに頭皮トラブルを抱えている方やその予備軍の方にとって、石油系シャンプーは選ぶべきでないという事実があります。より具体的に、それぞれの特徴をより詳しくご紹介しましょう。

■石油系
1本数百円程度で購入できる安価のシャンプーは、ほぼこの石油系になります。またひと昔前は、市販のシャンプーの大部分がこれに分類されていたそうです。製造コストが低く価格も比較的安価ですが、主成分の合成界面活性剤は洗浄力が強すぎ、頭皮に刺激を与えてしまいます。頭皮にトラブルがある人は、避けた方が賢明です。あまり良くありません。

■石鹸系
文字通り石鹸系の成分をメインに作られたシャンプーで、アルカリ性の性質をもちます。石油系ほどではないものの、アミノ酸系に比べ洗浄力が強く、使う人によっては必要な皮脂まで洗いながしてしまう恐れがあります。試しに洗髪してみて、髪がゴワゴワしたり頭皮が突っ張らないという方であれば、問題はないでしょう。

■アミノ酸系
頭皮の皮脂や髪の油分を取り過ぎない適度な洗浄力で洗いあがりが良く、頭皮と髪に優しいという特徴があります。またその大部分は、人間の肌と同じ弱酸性の性質を持つため、敏感肌や乾燥肌の方でも安心して使うことができます。難点は天然成分を使用しているため比較的高価だという点になります。

以上のことから、髪や頭皮のケアを目的にする場合はアミノ酸系シャンプーを選ぶべきと言えます。厳しい経済状況の昨今、高価なシャンプーを選ぶことは勇気が要りますが、将来も健康な頭皮環境を保つための投資と割り切りましょう。